2010年04月01日

特定健診受診率は約3割、東高西低(医療介護CBニュース)

 2008年度の特定健診の受診率が30.8%(速報値)で、おおむね東日本で高く西日本で低かったことが3月29日、厚生労働省の「市町村国保における特定健診・保健指導に関する検討会」(座長=伊藤雅治・社団法人全国社会保険協会連合会理事長)で明らかになった。集計・分析したワーキンググループ(WG)のリーダーである安村誠司委員(福島県立医科大医学部公衆衛生学講座教授)が、同検討会に報告した。

 安村委員の報告によると、市町村国保の特定健診受診対象者2255万人のうち、実際に受診したのは694万人で、受診率は30.8%だった。
 受診率を都道府県別に見ると、高いのは宮城(47.6%)、東京(41.6%)、富山(41.2%)、山形(40.2%)、新潟(38.8%)の順。一方、低いのは和歌山(17.3%)、広島(17.6%)、北海道(20.8%)、山口(21.3%)、愛媛(23.3%)の順だった。
 性別・年齢別に見ると、男女共に年齢が上がるにつれて受診率が向上していた。また、すべての年齢層で男性より女性の方が受診率が高かった。

 WGではまた、保険者の規模別に受診率を分析。被保険者5000人未満を小規模、5000人以上10万人未満を中規模、10万人以上を大規模とした。保険者数は、小規模が682、中規模が1043、大規模が61。
 それによると、受診率が30%を上回った保険者の割合は、小規模が70.5%、中規模が58.5%、大規模が45.9%で、規模が小さい保険者ほど被保険者の受診率が高い傾向にあった。

 これについてWGでは、受診率を押し上げている要因を明らかにするため、保険者を対象にアンケート調査を実施。調査結果によると、規模にかかわらず、▽がん検診と同時実施できる体制にある▽受診対象者への受診案内を年度当初に一斉に通知するのではなく、受診該当月の前に通知している―保険者では、被保険者の受診率が高かった。また、受診率が高い小規模保険者では、受診しなかった理由の把握などを行っていた。


【関連記事】
「三位一体」でメタボ対策を
特定保健指導を通じて保健師の力量アップを
特定健診の価格設定にばらつき
特定健診の対象年齢40−75歳に
メタボで入院外医療費が1.4倍に

グループホーム、スプリンクラー設置済みは約半数―厚労省集計(医療介護CBニュース)
米国立墓地で献花=岡田外相(時事通信)
<新聞週間標語>25日から募集(毎日新聞)
核軍縮へ共同提案=日豪(時事通信)
開星高教師、センバツ敗退の日に逮捕…女子トイレに侵入(スポーツ報知)
posted by qonyrcjoex at 04:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。