2010年02月06日

党首討論、17日で大筋合意(時事通信)

 与野党は2日午後の衆参両院国家基本政策委員会の合同幹事会で、鳩山政権発足後初の党首討論を17日に開催することで大筋合意した。鳩山由紀夫首相に対し、自民党の谷垣禎一総裁と公明党の山口那津男代表が論戦に臨む。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

介護保険の事務手続き見直しで意見募集―厚労省(医療介護CBニュース)
JAL問題で検証チーム=民主(時事通信)
<民主>「コア・メンバー」制度を創設へ 政策決定に党関与(毎日新聞)
小沢氏、米次官補と会談=内容説明せず(時事通信)
「プリウス」ブレーキに苦情=日米で112件−国交省、トヨタに調査指示(時事通信)
posted by qonyrcjoex at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。